EDによる勃起不全と女医による診察と下肢の痩せ

ED治療薬を服用するとペニスの血流が改善されることで勃起を維持することができるようになりますが、それによって下肢が痩せることはないので、ダイエット効果などは全くありません。EDと改善するためには下肢の筋肉を増やすことが重要なので、毎日トレーニングをして年齢による筋力の衰えを防ぐことでEDを改善することができます。職場や家庭のストレスが強すぎる場合には体が疲労してペニスに血液が流れにくくなりますが、下肢の筋肉を鍛えることで血液の流れが良くなるので勃起の維持に役立ちます。EDは男性専用のクリニックで治療するのが一般的なので女医による診療はあまり行われていませんが、泌尿器科を受診する場合には女性の患者も多いことから女医が診療をしている場合があります。泌尿器科はED以外にも性病などの感染症や膀胱炎などの女性に多いとされる病気の診察をしているので、女医も数多くいます。EDの治療は泌尿器科や専門のクリニックでできますが、男性のスタッフに診察や検査をしてもらいたい場合には専門のクリニックを受診することが必要になります。EDの原因は基本的にはストレスなどの心因性のものなので心療内科でも効果的な治療をすることができますが、認知行動療法に関しては指導方法によって効果が異なるので、ED治療の専門医による診察を受けることが重要です。認知行動療法はペニスに血液が流れにくくなる原因となっている不安や緊張を除去することができるので、しっかりと行うことで根本的な治療をすることができます。セックスに対する不安や緊張は考え方を変えたり、対処法を覚えることで十分に完治することが可能なので、薬と心理療法と併用して治療を行う必要があります。

ページトップへ