ED治療薬による皮膚疾患の対策

ED治療薬は基本的には顔のほてりや紅潮などの副作用がありますが、これらの皮膚疾患に関しては約90%の患者に見られるものなので、とくに対策を必要としませんが、蕁麻疹などの皮膚疾患が出た場合にはアレルギーや薬の作用によるものの可能性があるので、医療機関で適切な対処をしなければなりません。ED治療薬を服用した時に顔が赤くなるなどの皮膚疾患の対策としては、少量のアルコールなどを飲んで顔のほてりを目立たなくすることや、長時間効果が継続するタイプのED治療薬を服用することで、デート中には皮膚疾患などを起きなくするなどの対策があります。EDは基本的には心因性のものが多いので、根本的に治療をしたい場合には精神科などでも心のケアをすることができますが、一般的には勃起改善薬を服用してセックスを正常に行えるようにする治療が行われているので、薬を服用するだけでも十分に効果があります。精神的なストレスは交感神経を興奮させるので、ペニスに流れるはずの血液が心臓や脚などに流れてしまいます。これは人間の本能に関連する生理反応なので、EDを根本的に治療するためには認知行動療法を行って、交感神経の興奮を抑制する必要があります。効果的な方法としては筋肉の力を一時的に抜いてリラックスするというもので、筋肉の緊張状態が解消されると交感神経の興奮も収まるので、ペニスに血液が流れるようになります。女性の場合も血液が女性器に流れないと、性欲が感じられないので、EDになる可能性があり、そのために女性専用のED治療薬がアメリカで認可を受けていて、女性にもED治療薬の投与が可能になっていますが、副作用として頭痛や吐き気を伴うので、あまり普及していません。

ページトップへ