ED治療薬の認可と副作用の対処

日本ではED治療薬として認可を受けているのは開発したメーカーが販売しているものが多く、ジェネリック医薬品に関しては日本の製薬会社が製造している薬だけ認可されています。ED治療薬は平均すると1錠あたり2000円で販売されていることが多いので、毎月1万円程度の薬代が必要になりますが、日本で認可を受けたED治療薬のジェネリック医薬品を購入すると1500円程度なので、コストパフォーマンスを良くすることができます。しかし最近では個人輸入でインドで製造されたジェネリック医薬品を購入する人が増えていて、厚生労働省なども偽物を購入してしまうリスクの高さに関して警告をしています。また個人輸入サイトで購入した場合には副作用に対する対処ができないので、持病の薬との飲み合わせなどによって深刻な症状が出た場合には意識障害などの危険があります。男性専門のクリニックなどの医療機関でED治療薬を処方してもらった場合には適切な対処をしてもらえるので、他のタイプの薬に変更をするなどの選択肢もあります。個人輸入サイトを利用すると1錠あたり500円程度でインド産のジェネリック医薬品を購入することができますが、品質の悪いものが販売されている可能性もあるので、様々な口コミサイトなどを参考にして信頼できる業者で薬を購入しなければなりません。偽物に対する対処は基本的には業者に商品を返品して返金してもらうことしかありませんが、有効成分の有無を確かめる方法がないので、事前に第三者機関などで有効成分の検査を受けている薬を購入することで、確実に本物の薬を手に入れることができます。また本物の薬を購入できた場合でも日本では使用を禁止されている着色料や添加物を使用している場合があるので注意が必要です。

ページトップへ