ED治療薬を服用した際の作用とは

EDの治療薬は数種類あり特徴もありますが、服用してからの作用機序は基本的には同じです。それを服用した際どういった作用があるのかというと、一口に説明すれば血流の促進です。主成分のシルデナフィルは肺高血圧症の治療にも用いられる薬ですのでその効果は絶大で、ただ血流が良くなるだけではありません。EDの直接の原因となるのはPDE5という酵素で、このPDE5は平滑筋を弛緩させる情報伝達に関わる物質を分解するもので、これが活発になりすぎると勃起機能の障害となるのです。ED治療薬にはこのPDE5の働きを阻害する効果があるので服用すれば平滑筋が弛緩して血流が良くなるという作用があり、勃起を促し、メカニズムが正常化するのです。
ED治療薬には海外の事例で服用後の性行為中に死亡した、などという事があり少し怖いイメージもありますが、そういった事例は禁忌を破った場合や粗悪品の偽物に手を出した、といったケースで起きている事なのできちんと認可された正規品を正しく服用すればそういった心配もいりません。世間で言われるように勃起状態が収まらないという事もありませんし、心臓への負担も問題無い範囲です。ただし主な副作用として顔の火照りや軽い頭痛、めまい、動悸、目の充血等ありますが、いずれも症状は軽いです。また禁忌は重度の肝機能障害を持つ人、硝酸剤、ニトログリセリン、硝酸アルミ、硝酸イソソルビドなどを投与している人となっています。現在ではジェネリックも出回っていますし通販でも購入可能ですが、前述の通り正しい服用と禁忌を守らなければ重篤な副作用を引き起こす可能性もありますので、きちんと医師の診断をあおぎ、処方してもらった方が無難でしょう。

ページトップへ